関西発、健康女医ちえ

喜びのある健康人生へ

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰しもが人生の修行中
2013-07-23 17:09

関西発、健康女医ちえです。







ツイッターしております。@ChieDr


今までのツイッター語録です。



・自分の気持ちに正直に生きましょう。自分自身が一番の自分の応援団です。




・大きな一歩よりも、焦っていろんな所に歩むことよりも、今の目の前の一歩を確実に進む方がきっと後から振り返ると大きな変化とし受け取れるでしょう。




・愛はどんな形でも感じる事ができるのです。一目あっただけでも、少し触れただけでも、そして一口食べただけでもです。少しだけ感覚を研ぎ澄ましてみればきっとたくさんの愛に気が付きますよ。




・誰しもが人生の修行中なのだ。いいんじゃないかな。修行中だから、失敗してもさ。これも修行ね~と楽しく肩の力抜いて、時に笑って、時に泣いて、時に苦しんで、そうやって自分と向き合っていたら、きっと自分の足元に小さな芽が伸びている事に気が付くのかもね。








スポンサーサイト

幸せになる権利があります
2013-07-20 07:11

毎日、毎日幸せです。



でもね、人生って学びでしょ~。



たまにはね、不必要に人を傷つけようとする人だっているし、自分の機嫌が悪いから人にあたる人もいますよ。



そういうこともあるわけですよ。







人間として人とかかわって生きていくってそういう事なんで、それはそれでいいんじゃないかな~、って思うんですよね。



その時は、さすがに私だって傷つくことだってありますよ。




仕方ないじゃん。人生の学びだからさ。




その時私はこう思うの。



これって、今私に何を伝えようとしているの?ってね。




答えがある時もあるし、ないときもある。




でもね、それでいいの。だって人生って学びでしょう。




私とっても傷つけられたの~、だから今日は気分が乗らないのよ~なんて事を思ったり、言ったりしたらね、もっともっと気分が乗らない事がたくさんたくさん降ってくるだけなのね。



その事を知ることだって学びだしね。




言える事はね、どんなに傷ついたって幸せになる権利はあるのだ!!!ただそれだけですよ。




そう思えばね、上は間違いなく、そうそう幸せになる権利があるよ、心配ないよ、幸せになってください。って喜んで言ってくれるから、だから安心して下さいね。








ありがとうございました。


もう一つのブログはこちら です。


HPはこちら です。




本質を見失わない
2013-07-17 09:58


毎日忙しいと、自分が何がしたかったのかわからなくなることがあります。





例えば、これをしよう♪と決めた事すらわからなくなってしまう。






やっぱり自分と向き合う時間が大切ですよね。





で、私って何がしたかったの?ってね。







どんな時でも自分と向き合っていないと道を間違えてしまう。





もし、自分進む道に迷っていたなら、自分と向き合う時間が足りないだけなんだと思う。






だったら、自分と向き合う時間を作るのが今一番必要な処方箋なんだろう。








ありがとうございました。




日本初、学会が発表したうつ病ガイド!専門医向け。
2012-09-18 17:59

日本初、学会が発表したうつ病ガイド!専門医向け。が発表されました。

日本うつ病学会治療ガイドライン:トータル61ページ。


これからもいろんな事を学んで精進していきたいと思います。



ありがとうございました。

低血圧
2012-09-09 11:13

下記の記事を読んで、そうそうと思う事があります。

最近、男性でも女性でも低血圧な人が増えているな~と。
そして、みなさん急に起き上がるために、ふらついたりする方が増えています。


記事をお読みいただき、お気をつけ頂ければ、と思いました。



**********HPから抜粋しました。*********




一生元気な体は運動だけではつくることができず、生活全体のリズムを整えることが必要だという。そのためのポイントを医師の周東(しゅうとう)寛氏は「朝起き上がる」時の習慣を例に挙げ、次のように説明する。

*  *  *
 朝目覚めたとき、がばっといきなり起き上がる人がいますが、危険です。睡眠中の体は交感神経と副交感神経が逆転し、交感神経が下がっています。いきなり起きると交感神経が急に上がり、それに伴い血圧も上がって心臓や脳などに余計な負担がかかってしまう。

 これを防ぐには、布団の中で足や手をこすりあわせたり、たたいたりすればいいのです。その刺激が交感神経をゆっくり目覚めさせます。

 トイレのため夜中に起き上がることもあるでしょう。そのときにもぜひ! パートナーがいないなと思って探したらトイレで倒れていた、そんな事態だけは避けたいものです。

 起きているときに足指や足裏をよくマッサージすれば、いつまでも歩ける体づくりに役立ちます。膝より下はどうしても血液の循環が悪くなるので、マッサージは重要です。いかに血管を上手にコントロールできるか。それが寿命にも大きく影響します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。